働くヨメの愛情レシピ

アクセスカウンタ

zoom RSS 出産予定日を過ぎて

<<   作成日時 : 2009/10/22 09:27   >>

トラックバック 0 / コメント 0

もともとの出産予定日は10月6日でした。

10月2日の検診で次は10月9日で良いですよ、でも、それまでに生まれちゃう
かもしれないですね、といわれてました。
生まれるか、生まれるかと思いながら結局10月9日を迎えました。

この日は病院で胎盤の検査の他にNSTを取りました。
お腹も張ったり、かなり動くのがしんどかったので、病院にいる間に陣痛がきたら
いいなぁと思い、車で入院バックを持って来院。
子宮口は2センチくらい開いているものの、陣痛が来ないのでまだといわれました。
そこで言われたのが、計画的に入院して陣痛促進剤を使って産む方法もありますよ、というものでした。

一人目の時は響きだけで怖いイメージでしたが、その頃は毎晩陣痛きたらどうしようと
思うと熟睡は出来ないし、体は重くて動かないし、診療費は補助券使っても1回一万だし
上の子の事を考えると日程が決まるのも悪くないなと思い、10月14日に予定入院の予約を
入れて帰りました。
どっちにしても10月16日には胎盤の機能も考えると促進剤を使っても出産したほうが
良いとの事だったので、じゃあ14日でいいか、みたいな。

3連休は旦那様がいてくれたので、3連休中に産まれると少しは楽だなぁと思ってました。
実は産後手伝いに来てもらおうと思っていた、ばぁばが体調を崩してしまい、医者から
新生児に接触してもOKの許可が出たのが10日だったので、ミクはそれまで出てくるのを
待っていたのかもしれません。

ばぁばが10、11日は用事があるということで12日の朝から来てくれることになりました。
3連休は最後の晩餐(3w前からそんなことを言って、土日は外食続きでした)で
11日はご近所さんと近くに出来たホルモン焼肉を食べに行き、12日も合流したばぁばと
おそばを食べにいきました。
夕飯は家で鍋をやって、久しぶりに来てくれたばぁばにすっかり懐いているコウを
良いことに、先にさっさと一人でシャワーまで浴びてました。

そしてコウがばぁばとお風呂に入る!と二人でお風呂に入ってるときに、
「痛っ」いつもより強いお腹の痛み。「ぶちっ」という音を聞いたような気がして
トイレへ行きましたが破水もおしるしもなく、気のせいか・・・と思っていると
また「痛っ」時間を計っていた旦那様が「5分だねえ」。

いきなり5分間隔って事もないだろうと思いつつも、心配なので洋服に着替え
荷物をまとめたりしてました。
やっぱり5分後。「痛っ」。

ここで病院にTEL。
「陣痛か分からないんですが、5分間隔なんですけど」というと
カルテを確認していた助産婦さんが
「一人目も早かったのね。とりあえず来て下さい。」
ということに。

お風呂の外から「ごめん!陣痛5分間隔だから病院いくね」と
声をかけ、旦那様に車で病院へつれていってもらいました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

出産予定日を過ぎて 働くヨメの愛情レシピ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる