働くヨメの愛情レシピ

アクセスカウンタ

zoom RSS 入院中の生活

<<   作成日時 : 2009/11/16 13:37   >>

トラックバック 0 / コメント 0

産んだその日は痛みはないものの、寝付けずに一睡もしないまま
朝を迎えました。

元々病院は個室のトイレ付きを希望していましたが、その日は空き室が
なく、二人部屋を一人で使用してました。
二人部屋はテレビが一台しかなくて、相手の方がいたらなかなか付けたりするのも
気を使うんじゃないかなぁ。
夜通し本を読んだりしてたので、一人使用で本当に助かりました。
ただ一人目の時は産後歩くのもトイレもきつくて、トイレ付きの部屋を希望したのですが
今回は軽かったのでトイレなしでも良かったかも。

全体的にお産が軽かったのと、入院中は薬を一回5錠飲まされていたのもあり
痛みを感じずに快適な入院生活を送ることが出来ました。

翌日は個室へ移動。広くてソファとかもあったので、二人目の出産の時などには
良いと書いてあったとおり、お客さんがきても対応できて良かったです。

最終日に病院の都合ということで、特別室に一泊させてもらえました。
芸能人もとまるというその部屋はダブルベットにキッチンやお風呂もついていて
すごい!!の一言でした。
一人でずっといるにはさびしいですけど。

さて、入院中コウ君はどう?なんて聞かれたんですが、コウとは入院中一度も
会わずに終わりました。
病院が電車で二駅ほどのところなので、ばぁば一人だと連れてくるのが大変
というのもあり、コウも特にお母さんに会いたいとかいわなかったようなので
毎日元気に保育園に通い、一度も会わずに退院となりました。

通院中は待ち時間が長かったり、診察料金が高かったり、色々不満もありましたが
入院中は助産婦さんの人数も多くとてもよく見てくれていたので、良かったなと
思いました。
母子別室というのも初めてでしたが、授乳時間が決まっているので他のママと仲良く
なれたのが良かったです。

一人、特に仲良くなったママさんとは、最初は「赤ちゃん何グラム飲んでます?」という話から
スタートしたけれど、最後は一人目の(半年違いだった)オムツトレーニングの話で
盛り上がり、やっぱり一人目の育児の方が力が入るのかなぁ?なんて思いました(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

入院中の生活 働くヨメの愛情レシピ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる